自己肯定と自己否定

これまで自分は楽観的で、「人生どうにかなる」と思って生きてきた。

なにか問題が起きても自らを省みることは少なく、自己を否定することは少なく、寧ろ自分にはどこかで自分だけは自信を持っていた。

「自分はできる。他の奴とは違う。自分はやればできる。今はその能力を発揮できる分野が発見できていないだけだ」と。

そうして社会人10年が経った。

特に現実は変わらない。

どうやら、自分はできる人間な訳ではないようだった。

10年もやれば、そのことにいい加減気づかないといけない。

また、「やばい」と危機感を感じなければいけない。

「このままじゃいけない」ともっと焦らないといけない。そのはずだ。

 

自分を根底から否定する心を持てるようになったできごとがこの1週間のうちに起こった。

詳細は割愛するが、このことは自分にとってあまりに大きかった。

 

自分を否定できてこそ初めて、自分を変えることができる。

今の時代、変化が激しい。

激しい変化の時代についていくために、その波を乗りこなすために、

自らも変化し続けなければ、その進化についていけず滅びてしまう。

 

今自分に必要なことは自己否定だ。