夢と現実のギャップが苦しい(前編)

より良い世界をつくりたい。

より良い世界をつくれる自分になりたい。

だけど、今の自分の現状はそんな大きな夢に対して全くかけはなれていて、

夢・理想だけが立派で、自分自身は全然ダメ。

夢の実現に向けてなにをどうしたらいいかがわからず、現実が伴わない

今の自分の現状に嫌気が差して、自己否定。

とにかく

「夢の実現に向けて、自分は今確実に前に進んでるんだ!!」

っていう実感が欲しいけど、それは叶わない。。

それでもなんとかしようとして、時間があれば自分の目指すことをやっていそうな先輩たちや偉人たち成功者の本を読み、直接話を聞ける機会があれば、講演会なんかにも参加して見たり。

そうして、いろんなこと学べてるはずなんだけど、それでもやっぱり自分の現実はなかなか変えられなくて。。

一体どうしたらいいんだろう??

 

・・・そんなお悩み、抱えていませんか??

 

すごくすごく重要な夢・理想だし、みんなが願ってるはず!

夢は立派なはずだって自分にも言い聞かせて、自分なりにそこに一点集中したいんだけど、なかなかそれが叶わない今をどのように変えていけばいいんでしょうか。

解決策はあるんでしょうか?

もしかしたら、そんななんらかの答えを探す中で当Blogに出会ってくれてるのかもしれませんね。

ここまで書いた悩み、実は全て僕が昔から強く抱えていた悩みでした。

ほんと、一体どうしたらいいものかともがいていた当時、とある1人の女性との出会いから僕の長年の悩みは解決されていきました。

このブログを読んでくださっているあなたの課題も必ず解決できます。

 

さて、ここに書いてきた悩み、なによりの問題は、

「なにによって、より素晴らしい世界が実現できるのか」
を明確に自分が定義できていない。

ということ。

必要な目的のための道具がなにかがわかってない。

道のりがわかってない。

 

富士山登りたいと言っときながら、登山道がどこにあって、どんな風に登ればいいのかもわかってないようなもの。

危険すぎます。

じゃあどうすればいいのか?

 

明日に続きます。

生きるのって案外簡単じゃない

みんななにくわぬ顔をして、当たり前かのように生きている。

そんなに生きるって簡単なことだろうか?

いや、結構難しい。。

 

20代の頃、僕はそんな風に感じてました。

小中高、その後専門学校や大学と、10数年の学生生活を経て私たちは社会人になり、社会で働いていきます。

学生時代はただ言われるがままに勉強をして、部活や友達と遊んだり彼氏彼女ときゃっきゃしてみたりしながら過ごしてきて、周りには十分に知り合いがいるというある種守られた環境。

その中でみんなと同じように勉強したり恋したり。

学校では同じクラスや、同じ先生、同じ友達、たくさんの共通項があるから話は早いし、なんかあって相談するとき、相手もその状況は把握しやすいのがほとんど。

だから、寄り添ってくれる友達の存在がすごくありがたかった。

 

でもこれが社会人になるとどうだろう。状況は一変しませんか?

違う会社、違う上司、違う業界、違う空間、違う人間関係。

共通点の少ない相手に対し、自分の状況を伝えるのはそんなに簡単じゃない。

誰かにただ聞いて欲しくて、誰かにただすがりたくて、

苦しさをどうにかしたい

切なさをどうにかしたい

やるせなさをどうにかしたい

 

自分1人では処理しきれないそんな思い

 

でも誰かに共有するのが簡単じゃないその思い

状況のわからない相手になかなか伝わらない。

相手には相手の仕事があって、社会があって、つながりがあって

 

学生時代のあの頃とはもう違う。

1を語れば10が伝わっていたあの頃だけど

今は10語っても10伝わることがない

なかなか伝わらないもどかしさ 半ば怒りの感情も生じてきて

 

人と話すのがおっくうになったり、 1人の方が楽だと感じるようになってきたり

 

昔はいつも誰かと一緒で、

いつも誰かの輪の中にいる自分で、

それが当たり前で、

みんなと楽しく過ごしてたのに

 

今は休みになるといつも1人。

人と会うのを避けている自分

でも本当は誰かと一緒にいたいという矛盾した思いも持ってたりして。

 

今の時代を生きるのは簡単じゃないんだけど、

なかなか難しい時代なんだけど、

それでも私は言いたい。

 

この時代はおもしろい

 

変化に溢れていて、可能性に溢れている

それが今の時代だし、自分自身でもある

 

自分の可能性、自分の価値

自分の人生の意味 自分が生きている意味

 

そんな根源的なことが求められている時代。

 

迷ってる人には一刻も早く出会いたいです

苦しかった僕も、こんなに生きるのが楽しくなるとはほんとうに思ってもみなかった

ぜひ話してみてもいいよとか、

ちょっとでもなんか今の状況から脱したいとか

とりあえずなんか話してみたいなこいつ

みたいに思ってもらえたら、いつでも気軽に連絡くださいね

m.hidekiyoshimura@gmail.com

 

今の時代の若者こそ希望だと思うし

今の時代の若者こそ、この社会を変えていく主人公にふさわしい。

早く日本の若者の爆発をみたいです

生きてることが楽しい

生きてることが楽しい。

最近の感覚。今の世の中からしたら不思議かもしれないけど、正直最近の日々はそんな感覚。

生きてることそれだけで楽しい。

毎日出会う人も、日によって違った顔を見せる。

ある日はご機嫌斜めだったり

別の日はいいことあってハッピーだったり

また別の日は天気の影響もあってか憂鬱そうだったり

 

日によって、違う

人の表情。

それだけでもおもしろい

それだけでも実に興味深い

今日はなにがあったんだろう。

家を出るまでに家族となんかあったんかなー とか、

昨日は仕事後、誰かと会って、そこでなんか会ったんかなー とか。

 

同じ日は2度と来ない。

毎日がかけがえのない1日。

毎旬がかけがえのない瞬間。

ひとつひとつの出会いが、2度と訪れることのない奇跡の瞬間。

そんな奇跡に溢れている日々。

 

人生は楽しい。

そう思えるかどうかの自分があるだけ。

楽しんでますか?