お金・仕事

これこそが、リーダーシップの本質 ~本物のリーダーへ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

誰もがいつかどこかで必ず1度は向き合う問題。

「どのようにリーダーシップを発揮すれば良いのか。」

 

会社において、

チームの中で、

または子供に対して、

部下に対して、

バイト先で、

学校で、

などなど

 

リーダーシップを発揮しなければならない場面ってありますよね。

 

もし、

今までの人生が思うようにいっていない

ということであれば、それは自分で自分の人生に対してリーダーシップを発揮できていないことを意味します。(お、怒らないでね。。)

 

ちょっと小難しく聞こえるかもしれませんが、自分が望む生き方を送りたいと思うのならば、自分の意識において、自分自身の意識のリーダーシップを取らなければいけません。

それが可能になって初めて、自分自身のこの体をコントロールし、望み通りの生き方へと動いて行くことができるのです。(今回はどうやら真面目な記事だ)

 

今回はリーダーシップとはなんなのか、どのようにリーダーシップを発揮したら良いのか、リーダーシップとその可能性について深めていきたいと思います。(イエイっ!)

 

リーダーシップの本質

リーダーシップは英語で書くとLeadership.

leader と ship に分解できます。(英語わかんない人いないよね。。うん大丈夫ね)

 

leaderとは

lead + er

つまりleadする人。

 

導く人。案内する人。

先導する人。

といったニュアンスです。

 

そこにshipが続きます。

shipは船。

船の中でも大きな船がshipですね。

(小さな小舟はboat

 

さて、リーダーシップについて考えていきたいんですが、まずはじめに、そもそもリーダーシップがどのような時に必要なのかを考えたいと思います。(そうね、それ大事)

 

 リーダーシップが必要な条件と状況

 

みなさんいかがでしょうか?

どんな時にリーダーシップを必要とするか?

会社や、チーム、家庭、仲間との間において、、いろんなシチュエーションが考えられますが

 

それは

「この先どのようにしていこうか? 」

と、どうしたらいいかを決めかねる・またはみなの意見がまとまらないというような時ではないでしょうか。

 

これはつまり、ある集団が

「方向性を見失っている」

という状況ですよね。

 

どこにどう進んだらいいだろう。どっちに進めばいいだろう。どのような選択をすればいいだろう。

私はAだと思うが、ある人はBじゃないかと言い、ある人はCじゃないだろうかと言う。

 

Aに確信的自信がないからBでもCでもいいような気もするけど、他の人も同じ感じ。

それで、ある人はAにこだわって、ある人はBにこだわる。例えばこんな状況です。

ややこしい状況ですよね。どうにかしたい。どうにか決めて、この場の収拾をつけたいものです。

 

「誰か決めてくれよ。誰かリーダーシップを発揮してくれ」という状況。

リーダーシップ=方向性を提示すること

なわけです。

 

そしてLeadershipの文末のShip.

shipは大きな船だと言いました。

 

古代において、もしくは近代においても、

道に迷うともっともやばいのは海です。

 

山で迷ったら下に行けば大丈夫。避難成功。

砂漠で道に迷ったら木(水)がある方向。避難成功。

しかし海で迷うとやばすぎます。特に陸地が見えないような状況は最悪。

 

荒波が襲って来ますが、まっ暗だとなおのこと、いつどこからどの程度の高さの波が来るのかわかりません。

当然そんな波に飲まれて死んでしまうクルーが出てしまいます。危険極まりないです。

 

そこで船団を率いて、光を照らし

「こっちの方角だ!」

とみなが進むべき方向性を示す船が必要なのです。

 

まさにLeadershipです。導きを与える船です。

 

このリーダーシップがあることで、他の船団・船員たちも命を落とすことなく、進むべき方向性を確認することができるのです。

 

このことを念頭にリーダーシップに必要なこと、ぜひ掘り下げてみてくださいね。

また関連する記事もUPしていきたいと思います〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る