日本

あなたの人生を本気にさせるために必要な、たった1つの理解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

”本気で生きたい”

というのは多くの現代人の心の中にあるようです。

 

私も以前はそのような気持ちを深くから抱えていました。

私の場合幼少期にサッカーをはじめ、大学卒業までの13年間の青春時代は常にサッカーと共にありました。

 

常に上を目指し、チームメートにはシビアに接しており、後輩たちからすると怖い先輩だった時期もあるようです。

私は中途半端が嫌いでした。負けず嫌いでした。

 

やるからには本気で勝ちに行きたいし、ベストなプレーをしたい。そうした思いで日々の練習にも取り組んでいました。

 

学生時代にそのように本気となる対象があったからこそ、社会人になってもその熱情を自分にも周囲にも求め、それが満たされない社会人生活に不満を抱きました。

 

さて、ではそのように”本気で生きたい”と願いながらも、私たちが本気で生きれないのはなぜでしょうか。

 

たった1つの理解すべきこと。その話をします。

 

ずばり、原因は日本である

単刀直入にいきましょう。

あなたが本気になれない原因は実は日本にあります。

 

私たちは本気になれない自分や、本気になれない他人を攻めることに意識がいきがちです。

ですが、本当の原因は日本そのものにあります。

詳しく見てみましょう。

 

本気を出し、そして敗れた

私たち日本人のDNAに染みついているものがあります。

それは”日本が過去本気を出して、ボロボロに敗れた”という事実です。

ここに、あなたが熱くなれない、本気になれない原因があります。

あなたが本気の生き方をしたいのならば日本という国が置かれている今の状況を理解する必要があります。

熱くなった日本がボロボロに敗れ、それがトラウマ化し、日本人の精神に根深く残っていることを知ることです。それを理解し、本気でその日本を立ち上がらせようと志を立てて勝負できるかです。

 

日本が敗れた歴史。

言わずもがな、太平洋戦争(第二次世界大戦)です。

 

歴史を深く理解する必要がありますが、当時の日本は飛ぶ鳥をも落とす勢いで、世界から見てあまりにも驚異の存在でした。

 

勝てることなんてありえないと思われていた日露戦争での勝利。

アジアの小国が当時世界最強とすら考えられていたロシアを倒したことは世界に衝撃を与えました。

イギリスですら、ロシアとの正面戦争を恐れていたほどの時代です。

 

欧米列強がアジアの植民地支配を進める中での日本の勝利は、アジア各国に大きな勇気をもたらされたそうです。

 

その後日中戦争においても勝利を納めた日本は、やむにやまれぬ状況の中、赤ん坊と力士以上の兵力差のあるアメリカとの全面戦争に突入します。

当時のアメリカは経済格差がGNP13倍、石油生産高700倍、国力は4倍。

(参考)データで見る太平洋戦争〜国力4分の1 日本の大ばくち〜

 

明らかに絶望的負け戦。

しかしそれでも黙って石油供給を絶たれればどのみち日本の国際社会での孤立化は不可避。

 

戦って負けるか。

戦わずして負けるか。

 

その選択に対し、どうせなら。。と日本男児(当時は男性社会が強い)、日本は国としての判断を下します。

そしてまさに命をかけた本気勝負に望む決断を総員が成し、戦争へ向かったのです。

 

詳しくは割愛し他記事に譲りますが、とにかく日本は、この戦争でまさに国が粉々になるほどに敗れました。民間人大殺戮の都市掃討爆撃、広島と長崎への原爆投下だけを見てもその凄惨さは感じられることでしょう。

 

そしてその敗戦は単純に武力によってのみ行われたわけではありません。

その後に訪れるのが、当時日本においては神と称されていた天皇の人間宣言。これがどれほど当時の日本国民にとって屈辱的だったでしょうか。

 

さらには東京裁判にて押された、国際秩序においての日本側への戦争犯罪国家という烙印。

アメリカではなく日本こそが戦争犯罪国として築かれた歴史。

 

戦後日本復興にアメリカはTVを大量輸出。流れるのは超大国アメリカがどれだけ素晴らしく発展した国家であるかを見せつけるごとき番組群。

 

「我々はバカな戦争をやったんだ。勝てるはずもないアメリカと無謀な戦いをやったんだ。熱くなった我々、本気になっただけ我々はバカだったんだ。」

 

日本国民の心深く深くに刻まれた自分たちへの審判。決めつけ。諦め。自己否定。自国否定。

まさしくアメリカの巧みな戦略の上で、日本の精神性は骨抜きにされました。

この記事を読んでいただいている我々のおじいちゃんおばあちゃん世代がまさに、こうして戦時中を生きた人であり、その無意識根深く入った集団的決断。

 

「2度と熱くなるもんか」

 

この決断こそ、私たちが本気になれない根本無意識です。

私はこうした深い深い問題をクリアし、もう1度熱くなれる人間、仲間をつくるべく活動しています。

 

本気で熱く生きていきたい、ということであれば日本の理解なしにはありえません。

本気のエネルギーは、個人のモチベーションでは弱すぎるからです。あなたがやりたい勝負は自分個人だけの本気でなく、周りも巻き込んで、周りと共に進む勝負のはずです。

 

※注:私は右翼的思想・左翼的思想、いずれかを持っているわけではありません。純粋にこの国もよくしたいし、この世界をよくしたいと思っています。本記事の内容はあくまで客観的事実を見た上で記載しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る